家庭と両立できて残業なしの看護師求人

看護師残業なし求人TOP >> 条件 >> 家庭と両立できて残業なしの看護師求人

家庭と両立できて残業なしの看護師求人

仕事は続けたい、でも家庭も大事、そんなジレンマを感じやすいのが看護師の仕事です。常勤勤務ですと、どうしても日直、当直などが回ってきますので、月に数回は、家庭を空けることになります。まだ、結婚していても、子供がいない場合はそのような勤務も可能ですが、子供ができて、子育てしながらの仕事との両立となると、残業はないほうがいい、また、当直もできれば避けたいということになりがちです。

ただし、もともと育休、産休、時短勤務ということが浸透している職場は、あまり多くないのもあり、また育休、産休などの制度があっても、実際に取得するのは稀だとか、他の同僚との兼ね合いが難しい場合もあります。子供ができると、仕事との両立に悩み、仕事を辞めてしまう看護師さんが多いのも事実です。せっかく看護師免許を持っていても、仕事の内容から、子育て中は、看護師の仕事をしない人、そのまま職場を長く離れてしまう人も多いようです。

もし、他の同僚や病院のスタッフに迷惑をかけないで、職場復帰できるのなら、また時短勤務でも快く採用してくれるのなら、看護師に復職してもいいな、と考えている看護師さんは多い筈ですし、最近は慢性的な看護師不足もあり、様々な働き方を受け入れる医療機関が増えているのも事実です。当然、看護師は他の一般のパートやアルバイト仕事に比べて時給が高いので、機会があって、条件が合う仕事があれば、復職したい看護師さんは一定数いる筈です。

残業がない、また当直、日直がない仕事は、家庭との両立がしやすい職場でしょう。パート、アルバイト勤務なら、家庭を持っている看護師でも働きやすく、働ける時間が限られていても就業できますし、定時であがったとしても、誰も文句をいいません。また、働く先として、一般企業、例えば企業の医務室勤務や、臨床モニター、治験コーディネーターなどを考えてみるのもいいかと思います。

家庭を持っていても、常勤看護師で勤務する人もいます。公立病院では、産休、育休、時短勤務がしっかりと定められていて、職員の権利となっていますので、比較的時短勤務などは取りやすいのですが、民間の場合、規則ではそうなっていても、現実問題、同僚がそれに納得しない、他の看護師ばかりに負担がかかる場合があることなどから、有名無実化することも。公立の医療機関でも、人員不足の場合は、厳しい現状があり、残業をせざるを得ないところもあるかもしれません。

そうした現場の内情は、転職前に事前に知ることは難しいかもしれませんが、転職サイトの一部では、事前に職場環境をリサーチしているところもあるそうなので、仕事案件に応募する前に、本当に家庭との両立ができそうな職場なのか、また残業を本当に断っても、問題ない職場なのかどうかをしっかり確認してから、応募、面接に進めることができます。そのほうが確実に、自分の希望する条件の仕事に巡り会うことができるでしょう。

残業なしの看護師求人が豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014 看護師求人<※残業なし特集> All Rights Reserved.